① 増幅器(ブースター)の電源部のコンセントの外れ又は電源部のスイッチが外部の力でOFFになった。

②同軸ケーブルの径の細いケーブル3C,4Cを使用していると、冬季時にケーブルが収縮し接点部分から離れ突然受信できなくなります。

③同軸ケーブルを屋外で接続する部材に防水コネクターがあります。屋内用のコネクターで接続している場面を多く直面します。雨等がケーブル内に浸透し、ショートし受信できなくなります。
天気が回復すると、一時又受信ができますが、何回か繰り返し 受信不可能になります。

④ アンテナ設置時にブースター、混合器、分配器のコネクターを手で締め付けている業者がおり、月日たち経過の途中強風により、緩みが生じ完全に外れテレビが受信出来なくなります。外観からはキャップで内部は分かりません。専用の工具(スパナ等)で締め付けていると不具合は生じません。